セコム医療システム株式会社

在宅医療クリニック開業支援プログラム

Doctor's Voice



クリニックの理念

「真善美の探究を心がけよ。特に医療を携わる者は生涯、医人道實践せよ。」
(杏林学園創立者 松田進勇先生 座右銘の一文より)

クリニックの特色

外来及び在宅療養支援診療所の施設基準を満たしています。

クリニックの紹介

泌尿器科専門医であることを生かした外来・在宅医療を行ってます。また患者中心とした医療及び地域医療の発展のための診療体制創りをしています。



訪問診療車両です。燃費も良くて、世田谷の細い道にも適しています。 セコムユビキタス電子カルテを導入しています。

Q & A

ご開業のきっかけはなんですか。

医師になったころから、開業を前提としていました。しいていえば、勤務医時代にセコム医療システムの方と出会って在宅医療を知り、地域病院泌尿器科に勤務しながら自ら泌尿器科を生かした在宅医療を行うようになったのが、きっかけでしょうか。

いつ頃から開業しようとお考えになりましたか。

医師になり始めた頃より、将来開業したいと考えていました。そのため、大学の医局では、早い時期に多くの臨床経験を積む事ができる医局に入り将来の開業に備えてきました。

在宅医療を中心としたクリニックを行おうとしたきっかけはなんですか。

当初、専門科目の泌尿器科をメインとしたクリニックを開業しようと思っていましたが、病院勤務時代にセコム医療システムの開業担当者より在宅医療の熱い説明を聞き、社会的なニーズ、医療制度上国の後押しがあることを漠然と知り、自ら徐々に在宅医療についての関連した本で勉強しました。たまたま病院に訪問看護ステーションが併設されていましたので、そこの所長からも話を聞き、(在宅医療に)興味を持ち始めました。当時病院の副院長が在宅の部門を担当し、月2回ですが定期訪問をしていました。その先生の話を聞き、自分でも訪問診療をやってみよう思い立ちました。

セコム医療システムをお知りになったきっかけはなんですか。

病院に出入りしていたセコム医療システムの社員と話す機会があり、そこで警備だけと思っていたセコムが在宅クリニックを専門として開業運営支援のコンサルタントを行っていることを初めて知り、そのセコム医療システムの社員の方を通して開業運営支援の部署の責任者の紹介を受けました。

セコム開業運営支援プログラムで利用しているサービスはなんですか。

開業・運営支援全般に渡りお世話になりました。具体的には、開業前の事業計画・資金計画の作成、診療圏調査、開業物件先の選定、内装工事の段取りからすべての届出までお任せしました。通常開業する先生方は開業前2・3ヶ月は病院での診療と板ばさみになって大変なのを目の当たりにしていましたが、僕の場合は、本当に病院での診療に集中する事が出来、なんのストレスもなく開業する事ができました。
またセコムは、在宅診療所向けの電子カルテを作っていて、モバイル端末があればどこでもアクセスできるカルテを導入しています。この電子カルテを利用しているお陰で、レセプト業務の委託、さらに24時間電話を受け付けるナースコールセンターを利用し、患者にとっても、医療者にとっても負担を軽減するサービスも利用する事ができました。

セコムを利用して良かった点がありましたら、お聞かせ下さい。

それは安心感ですね。
当初は、あの警備のセコムで大丈夫なのかなと思っていましたが、日本で初の自費による訪問看護を手掛けてきた実績もあり、またすでに幾つもの在宅クリニックを立ち上げてきた経験より、具体的な助言を受けることが出来ました。

ご開業前・後でご苦労された事はなんですか。

職員の採用ですね。セコム医療システムからも開業当時職員の派遣を受け、当初は運営することが出来ますが、人の異動、退職での補充では、苦労しましたね。また訪問患者数が多くなり、運転手を雇ったのですが、早々に事故が頻発し、この点でも労務管理、危機管理で苦労しました。その時にもセコム医療システムに相談し、支援してもらいました。

クリニックの運営で、日々心がけている事がありますか。

大学の銘ですが、「真善美の探究を心がけよ。特に医療を携わる者は生涯、医人道實践せよ。」と肝に銘じて、診療しています。

クリニックでの診療以外に、大学で非常勤講師として診療され、地域の病院でも外来をご担当されていますが・・・。

そうですね。やはりクリニックだけの診療だけですと、どうしても偏る感があり、大学、地域病院、クリニックでの診療を行い、バランスをとっているのかもしれません。また、在宅医療は1人では成り立ちません。医療機関、介護施設等との連携が大事であることも知り大学病院、地域医療機関に所属させていただきました。

これから開業する先生へアドバイスがありましたら、お願い致します。

在宅医療は勤務時間があってないような仕事で大変であるといいます。父親も専門は違いますが私同様に開業医でした。昔の開業医は診療が終わった後もかかりつけの患者さんからの診療依頼に応じて診療を行っていたと思います。診断・治療方法等は違いますが、在宅医療は昔から行っていた地元開業医のかかりつけ医体制と同じだと思います。在宅医療という言葉だけに惑わされず本来の開業医の仕事(地域の患者・医療の発展のために尽す)として考え診療につけばよいと思います。


医療法人社団 医真会
世田谷ホームケアクリニック

太田雅也 先生
標榜科、泌尿器科(専門医)、外科、内科、在宅医療
東京都世田谷区