遠隔画像診断支援(Hospi-net)

第一線で活躍している放射線科専門医による迅速な画像診断とネットワーク技術を組み合わせ、医療の質の向上を目指す、これがホスピネットです。
ご契約医療機関で撮影されたCT、MR等の画像データを、ネットワークを介してホスピネットセンターに送信していただくことにより、放射線科医が主治医の先生方の診断支援を行います。
各ご契約医療機関に、ご依頼いただいた翌日までに電子ファイル、またはFAXにて「画像読影報告書」をお送りします。又、報告書に対する電話によるコンサルティング、あるいは画像診断に関する幅広い情報提供(「契約先向け情報誌Hospi-net Information」)も行っています。また、ホスピネットや電子カルテと連携可能なクラウド型のPACSも提供しています。

ホスピネットの詳しい情報はこちら
http://medical.secom.co.jp/it/hospinet/index.html

遠隔読影サービス(ホスピネット)・PACSイメージ