研修制度

セコムには、社員が個性と能力を伸ばすためのチャンスと環境が整っています。私たちは「組織の力は社員個々の力の総和」という考えのもと、独自の教育・研修体系を確立して人材育成に力を注いでいます。

社会人として、医療人として必要な能力・スキルを身につけ、成長できる仕組みを用意しています。

研修制度表
新入社員入社時研修

入社後は、まずセコムの研修所であるHDセンターでセキュリティを含むセコムグループ合同の集合研修を行います。この研修では、セコムグループの一員として、セコムの企業理念や社員としての心構え、マナーなどを学びます。
その後はセコム医療システムの社員向けの独自研修を行います。セコム・メディカルグループにおける事業ビジョンや事業内容、また医療制度の基礎知識を学ぶとともに、実際にサービスを提供している各施設(提携病院、有料老人ホーム、デイサービスなど)を見学し、事業への理解を深めるプログラムとなっています。

      
    
  
OJT

職場では、日常業務を通して、社会人として求められる基本的な能力、知識が身につくよう、上司や先輩社員が指導・育成します。能力に応じて仕事を任せながら、主体的に仕事に取り組む姿勢を重視し、チャレンジを後押しします。

  
集合研修

「階層別研修」(若手・中堅・マネージャークラスを対象)や「テーマ別研修」(倫理研修、コーチングスキル等)を用意し、仕事に必要なコミュニケーションスキル、リーダーシップ、マネジメント力、最新の知識・技能を習得するためのプログラム、きめ細やかな研修を行っています。集合研修は、総合職と医療・介護専門職が合同で実施しており、お互いの仕事や価値観について理解を深めあうことも目的にしています。
また、社内勉強会では、医療制度・医療経営の基礎講座や語学(英語・中国語)講座を開講し、医療に関する知識を拡充すると共に、グローバル化に向けた準備も進めています。

  
 
海外留学制度

日本とは異なる環境での生活経験を通じて、さまざまなものの見方や考え方を吸収し、視野を広め、仕事に活かしていくことを目的に、海外の大学(院)でセコムグループのビジネスに関連の深い分野の勉強をする海外留学制度を用意しています。

  
セコムメディカルグループ合同研究発表会

個々のレベルアップ、プレゼンテーション能力の向上、メディカルグループ全体のコミュニケーションの活性化やネットワークの形成などを目的として、毎年、提携病院と合同で研究発表会を開催しています。1年間の成果を発表する機会であり、テーマは日々の業務改善の報告から、臨床現場での学術研究まで非常に多岐にわたります。グループ職員の業務上の課題や目標を知る貴重な機会でもあります。

  
  
通信教育助成制度

自己啓発を支援するための制度で、社員なら誰でも受講できます。業務に必要な資格の取得を目指す公的資格取得コース、職能別コースのほか、語学、OA、一般教養など幅広いテーマを用意しており、その講座を修了すると、会社から「自己啓発助成金」が補助されます。

  
研修施設(セコムHDセンター)

HDとは「Human Development=人材開発」のこと。職能別、階層別に各業務に必要となる実践的な知識・技能を学ぶため、「新入社員入社時研修」をはじめ、さまざまな集合研修が行われます。

セコムHDセンター多摩 セコムHDセンター御殿場 セコムHDセンター名張 セコムHDセンター阿蘇