ホーム > 新入・若手社員に聞く > マネジメント・コンサルティング部 N.Kさん

新入・若手社員に聞く

一覧ページに戻る

コンサルティング業務の価値をあげる、オリジナルな資料の作成を目指して、日々邁進

入社を決めた理由

今後、医療業界が直面する2025年問題に対してどのように取り組んでいくのか、その課題解決に向けた取り組みに自分も関わっていきたいと考え、医療に関わる企業に絞って就職活動を行っていました。
そこでセコム医療システムという会社に出会いました。セコムが行っている医療事業はどのようなものか興味がわき調べてみると、さまざまな医療分野に取り組んでいる企業であるとわかりました。日本が抱えている医療の問題に多方面から取り組むことができ、自分が先頭に立って問題解決に取り組んでいける場所だと思い、入社しました。

現在の仕事内容

病院のコンサルティング業務を行う部署に所属しています。そこで、病院の経営分析、マーケット分析の資料を作成しています。
コンサルタントというと、クライアント相手に助言・提案する姿が浮かぶと思いますが、資料作成や議事録の作成など裏方の仕事も多くあります。私は主に社内で開発した病院経営情報分析システム(セコムSMASH)による病院の経営分析、地図ソフトを用いたマーケット分析を行っています。わかりやすい資料であるか、論点がはっきりした資料であるかなど、「見る人が直感的にわかる資料」であるかどうかを意識して作成しています。
また、作成資料はクライアントの経営方針や販促資料として用いられるため、ミスが許されません。緊張感、責任感をもって業務に取り組んでいます。

これから挑戦してみたいこと

直近の目標として、資料作成の技術をさらに向上させたいと思っています。直感的に理解できるグラフ、新たな切り口で作られたグラフなど、自分にしか作れないような、オリジナルな資料作成を目指したいと思っています。わかりやすい資料は、コンサルティング業務の価値を向上させると思いますし、日本が抱える2025年問題の解決策が見つかるかもしれません。独自の切り口を持つ資料を作成するためには、医療分野の理解が必要であり、今後も知識を増やしていきたいです。
また、コンサルタントとしてお客様との信頼関係を構築する方法を身につけていきたいです。お客様への訪問機会が多くなってきたので、上司の技術を学んでいきたいと思います。

1日のスケジュール

自分をしっかりと理解、評価できているかが、就職活動のポイントだと思います。企業の採用担当者へ自分を売り込む就職活動において、自分がどのような人間かを伝えられなければ、うまくいかないと思います。出来事に対し何を考え、どのような行動をしてきたか、しっかりと振り返っていくことが大切です。
今までの人生をしっかりと振り返り、自分自身を見つめ直したうえで就職活動を行えば、自ずと自分の求める未来像が見えてくると思います。
就職活動を一つの区切りとして、自身を見つめ直してみてください。