ホーム > 新入・若手社員に聞く > 訪問看護ステーション看護部 K.Kさん

新入・若手社員に聞く

一覧ページに戻る

グループの総合力をもって社会のニーズに応え続ける姿勢がとても魅力的だと感じています

入社を決めた理由

大学で学んだライフケア分野の知識を活かす仕事がしたいと考え就職活動をしていた時に、セコム医療システムと出会いました。医療、介護・福祉だけでなく、健康・予防に至るまで幅広く事業を展開している企業は他になく、グループの総合力をもって社会のニーズに応え続ける姿勢がとても魅力的に感じました。
また、選考を通して今までの自分の取り組みをとても評価していただけたこと、選考中にお世話になった人事担当の皆さんがとても懇切丁寧な対応であったことも、この会社で自分を成長させたいと思うことにつながり、入社を決めました。

現在の仕事内容

訪問看護ステーション看護部で、広報・採用を担当しています。
応募者からの資料請求・電話・メールでのお問い合わせへの対応や、就職説明会の開催、ハローワークなどへ掲載する求人情報の手続き、看護学校へ送付する資料・掲示物作成、毎月1回発行する部内報の作成など、さまざまな業務を行っています。
これらの業務を行う中で、まずは自分自身が訪問看護への理解を深めることが必要だと実感しました。
そこで、看護大学の就職課へ訪問し、就職課の方々と直接お話しをさせていただく機会を設けたり、訪問看護ステーションや研修施設に足を運び、実際に働く訪問看護師の方々から話を聞くなどしています。そうして得られた知識や経験を担当業務に活かせるよう、日々前向きに取り組んでいます。
また、最近では就職説明会に同席し、参加者の方に内容の一部を説明しています。先輩にアドバイスをいただきながら、しっかりと理解をしてお伝えできるように取り組んでいる最中です。

これから挑戦してみたいこと

今は目の前の仕事に必死ですが、実際に自分の目で見る、自分で話を聞くなど積極的に活動し、訪問看護や広報・採用業務について理解を深めたいと思っています。そして、セコムの訪問看護に興味を持っていただけるような機会の提供やきっかけづくりができればと考えています。また、学生との立場の近さを活かし、私にしかできない看護学生へのアピールや内定者の方へのフォローを実施できたらと思います。

1日のスケジュール

就職活動中はどうしても周りの状況が気になり、周りと自分を比べてしまうこともあるかと思いますが、大切なのは自分自身としっかり向き合うことだと思います。周囲に惑わされることなく、自分の考えや想いをしっかりと認識することが、就職活動を進める上での指標になり、自分に合った企業と出会うことにつながるのではないかと思います。
また、好きなことやリフレッシュすることを我慢して自分を追い詰めすぎることなく、しっかりと心身を休める日を作り、メリハリをつけて活動することをおすすめします。就職活動が終わって「楽しかった」「良い経験になった」と思えるよう、前向きに頑張ってください。