ホーム > 新入・若手社員に聞く > 人事総務部 A.Mさん

新入・若手社員に聞く

一覧ページに戻る

医療職以外も多くいると気づき、特別な世界だと思っていた医療業界への考えが一変しました

入社を決めた理由

身内が病に倒れたこともあり、医療への関心を抱いていたところ、セコム医療システムと出会いました。病院では医師・看護師のような専門職の他、経営・事務を担う多くの職員がいることに気付くことができ、専門技術を持った特別な人たちの世界と思っていた医療分野への考えが一変しました。
セコム医療システムでは、電子カルテや遠隔画像診断支援サービス、病院の経営支援などの医療現場をサポートするサービスの他、訪問看護・訪問介護といった在宅で療養されている患者さんを支える医療サービスを提供しています。
このように多様な事業を展開しているのがセコム医療システムの特徴であり、他にはないユニークな点だと思っています。このような環境に身を置き、医療のこれからを作り、自分自身を成長させたいと思い、入社を希望しました。

現在の仕事内容

私の所属する人事総務部は社内外からの問い合わせが非常に多い部署です。入社直後は社員の名前と顔を一致させること、事業所を覚えることに苦労しました。ですが、積極的に電話対応などを行うことで、今ではスムーズに業務を行うことができています。
また、社外のお客様への対応が会社の印象を左右すると考え、常に丁寧な対応を心掛けています。
そして、総務担当の自分にとっては社員の皆さんも大事なお客様です。社員の皆さんが働きやすい環境を整えることも常に心掛けています。
他にも、社内への情報提供や什器備品の管理、また会社案内パンフレット改定の部署間の調整役など、業務は多岐にわたっています。
さらに、現在は重要文書の管理業務も担っています。具体的には、締結済み契約書から必要な情報を抜き出し、データベース化を行っています。これにより今後の契約更改作業の効率化が見込まれるため、急ピッチで作業中です。

1日のスケジュール

これから挑戦してみたいこと

人事総務部は管理部門なので、内向きの組織のように思われがちですが、実際はオフィス環境などを整えるために、他社との折衝も頻繁に行っています。今はまだそのような業務に多くは携わっていませんが、任せていただけるようアピールしていきたいと思います。また、社内には多くの契約書を保管していますが、社員がこれらをより使いやすくなるような仕組みづくりを提案し、実現させたいと思っています。

皆さんの可能性を目一杯発揮して、社会に出る準備をして欲しいと思います。就職した今だからわかりますが、あんなにも多くの情報を企業から知ることができる機会は他にはありません。情報が多すぎて処理しきれずに途方に暮れることもあるかと思いますが、その中でも何か琴線に触れるものがあるはずです。それを見逃さず、掴み取るように頑張ってください。実りのある就職活動ができるよう、心から応援しています。