ホーム > 新入・若手社員に聞く > 企画本部 R.Aさん

新入・若手社員に聞く

一覧ページに戻る

人々が健康で生き生きと暮らせる仕組みを提供したい。

入社を決めた理由

私は学生時代、生活習慣病の研究に取り組む中で、研究にとらわれず広く人の健康を支えたいと考えるようになりました。そのため「人々が健康で生き生きと暮らせる仕組みを提供できる場」をキーワードに就職活動を行っていました。セコム医療システムは医療・介護から健康・予防まで幅広い角度から人々の豊かな暮らしを支えており、さらにセコムグループの総合力を生かした他の事業との融合によって、提供できる仕組みには無限の可能性があると感じました。また、選考会を通じて、弱みも含め自分の物事に対する考え方や姿勢を伝えることができ、ここであれば自分らしく力を発揮できるだろうと考え、入社を決めました。

現在の仕事内容

「在宅医療を支える新規サービスの構築」に向けた企画と、「より良い職場を目指した社内の仕組みづくり」の業務に携わっています。一つ目の業務では、医療保険制度や国の将来的な社会保障ビジョンの理解、医療系サービスの情報収集などが欠かせません。社会の動きは想像以上に早く変化するため、日々のニュースはもちろん、学会や展示会での研究者の先生方や企業の方と積極的に意見交換することを心がけています。そしてそこで学んだことをいち早くサービスの設計に活かせるよう業務に取り組んでいます。二つ目の業務では社員が「明るく、心広やかに」働ける職場を目指し、仕組みづくりを進めています。こうした職場を目指すにはどのような仕組みが求められるのか、これまでに同様の取り組みを実施した経験がある先輩・上司の方々に意見を聞きながら、望ましい形を模索しています。

これから挑戦してみたいこと

現在企画している新規サービスに加え、世代を問わず人々が健康で生き生きと暮らせるような仕組みを世の中に届けたいと考えています。そのために何が求められているのかを見つけ出し、それをサービスとして構築するための力を身に付けたいです。日々のニュースや関係者との意見交換を通じて、私の目指す形と同じような世の中を作りたいと考えている方が多くいると感じます。まずはこうした方々のビジョンや提供しているサービスを学び、セコムだからこそできるサービスを考えるための情報収集力と考察力を高めたいです。そしてそれを積極的に上司に発信していきたいと考えています。また現在進めている「より良い職場を目指した社内の仕組みづくり」は、入社して初めて企画のスタート段階から携わっているプロジェクトで、思い入れが強いです。上司や職場の先輩方・同僚と協力し、社員全員が「明るく、心広やかに」働ける職場を実現するための一助となるような仕組みを構築したいです。

とある1日のスケジュール

就職活動では自分自身を理解し、それを会社へ伝えるための準備をすることが大切だと思います。そのために様々な会社の話を聞き、自分のやりたいことが何なのか考え、それを伝える機会を多く持つことを心がけてほしいと思います。就職活動中は、思うような結果が得られず苦しい時期もあるかもしれません。そのような時こそ、春から社会人として働く姿をイメージして自分を奮い立たせ、前向きに取り組んで下さい。皆さんが納得のいく結果を得られ、社会で活躍されるよう心から応援しています。頑張ってください。