ホーム > 先輩社員の日常 > 秘書・総務・研修 H.Iさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

社員から感謝されることは、何よりのやりがい。

秘書・総務・研修 H.Iさん

どのような仕事内容ですか?

人事総務部に所属し、秘書業務、総務業務、研修業務を担当しています。秘書業務は、多用な会長・社長のスケジュール管理、出張手配、来客対応など多岐に渡ります。総務業務は、近年、各事業所に勤怠管理システムの導入に力を入れており、当社における勤怠管理(出退勤時間管理)の強化を図り、働き方の見直しを行っています。研修業務は、当社にはさまざまな研修がありますが、その中で私が担当している研修は、『新人・異動者研修』と『階層別研修』(若手・中堅・マネージャークラスを対象)で、それらの企画・立案、運営を担当しています。 『新人・異動者研修』は、当社の基本方針や組織を理解する座学の他、実際にサービスを提供している各施設見学をし、セコムグループの医療・介護サービスの理念や現場を知ることを目的とした研修です。

仕事風景

『階層別研修』は、当社の総合職社員だけではなく、提携病院やシニアレジデンスの医療・介護専門職も参加し、若手・中堅・マネージャーの階層に分かれ、一同に研修を行います。セコムのメディカルグループ間の交流をはかり、職種・施設を超えたコミュニケーションをとることも目的としています。

仕事のやりがい、嬉しいのはどんな時ですか?

打ち合わせ風景

秘書、総務、研修…いずれも社員をサポートする仕事ですが、社員から感謝されることにやりがいを感じます。当社は、直接対話を重視する社風のため、会長・社長室は設けず、同じフロアで職務を行っているため、オープンな雰囲気で仕事をしています。そのような環境の中、常に積極的に多くの社員と直接対話を重ね、多用な会長・社長のスケジュールや研修の行程を調整し、それらを上手く行えた時に達成感を得ます。

セコムの良いところ、セコムだからできる(できた)ことはなんですか?

健康・予防、医療、介護に至るまでトータルにサービスを提供しており、その現場を持っていることが大きな特徴といえます。入社時研修や階層別研修は他社でも実施していると思いますが、医療の現場を見学したり、現場の職員と一緒に研修するのは、セコムならではの特色といえると思います。
日本の超高齢社会が加速する中、さまざまな課題を解決するためのサービスを提供できる場があり、社会貢献ができること、それがセコムの良いところだと思います。

セコムは、健康・予防、医療、介護に至るまでトータルにサービスを提供しており、その現場を持っていることが大きな特徴です。