ホーム > 先輩社員の日常 > 企画・広報・人事労務 A.Mさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

社員一人ひとりが築き上げてきた信頼が、セコムグループの力になっている

企画・広報・人事労務 A.Mさん

仕事の内容はどのようなものですか?

介護付き有料老人ホーム(シニアレジデンス)の「コンフォートヒルズ六甲」で、居住者様向けのコンサートや外出、絵画教室、茶話会といったイベント・アクティビティの企画運営と、内外へ向けた広報活動、スタッフの採用、労務管理などに携わっています。
夏祭りのような大きなイベントを行う際には、他部署との連携がいつも以上に重要。屋台で提供する食事の衛生面に問題はないか、車いすと歩行者が安全に行き来できるスペースは確保されているか、どんなゲームなら介護が必要な方でも楽しめるかなど、看護・介護・調理といった各部署の専門職の視点で意見を出してもらい、安全・安心で楽しんでいただけるものをスタッフ皆で作り上げていきます。

仕事風景

仕事のやりがい・嬉しかったことは何ですか?

打ち合わせ風景

無事イベントを終えたとき、居住者様から「楽しかったよ、ありがとう」と言っていただいたときは、疲れもどこかへ行ってしまいます。
「介護」は、看護師・介護士などの専門職の仕事だけではありません。日々の暮らしの中にある些細なお困りごとは、専門職でなくてもお手伝いすることができます。それは、居住者様に喜んでいただけるだけでなく、看護・介護スタッフが業務に専念することでサービスの質を高めることにつながっています。
「やっぱりここに住んで良かった」。皆様からそう言っていただけるよう、日々の業務に取り組んでいます。

セコムの良さ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

当ホームにご入居されるお客様の多くは「セコム・ホームセキュリティ」のお客様。シニアレジデンスへの入居は、人生最後の大きな買い物になると思いますが、それを決断する際、「セコムさんには長年お世話になってきたし、信頼しているから決めるわ」と言ってくださる方がたくさんいらっしゃいます。こういうお言葉をいただくと、セコムグループ社員一人ひとりが日々の業務を通して築き上げてきた信頼を感じ、大変嬉しく思います。
「セコム=セキュリティ」という印象が強いのですが、事業内容は多岐にわたっており、様々な仕事に挑戦するチャンスがあります。私自身、シニアレジデンス事業に携わったことで、営業、企画、人事、広報など幅広く経験することができました。また、セキュリティ事業を離れ、セコムグループの一社としてお客様と接したことで、お客様がセコムという会社をどう見ているか、セコムの「グループ力」を感じることができたと思います。

社員一人ひとりが日々の業務を通して築き上げてきた信頼がセコムグループの力であると感じています。