ホーム > 先輩社員の日常 > 調剤・訪問服薬指導 J.Oさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

提携病院があるセコムだからこそ可能な、多くの経験を積める環境を生かす

調剤・訪問服薬指導 J.Oさん

現在取り組んでいる仕事について

現在はセコムの調剤薬局に勤務し、薬剤師として処方箋に基づく調剤及び監査・投薬などの服薬管理指導業務をしています。加えて、訪問での服薬指導や、在宅エポプロステノール療法の支援(※1)なども行っています。
訪問服薬指導は外来投薬とは異なり、患者様の生活に入り込むことになります。患者様は生活環境もさまざまで、個々に寄り添った対応が求められます。患者様のニーズに応えるためには、自身の知識向上に加え、医師やコメディカル(※2)の方々など他職種と連携をとることの大切さを日々感じています。訪問服薬指導の経験がなかったことから、当初は不安もありましたが、上司や同僚のサポートで経験を積み重ねています。
在宅エポプロステノール療法の支援では患者様の在宅における薬物療法のサポートを行っています。在宅へ移行する患者様のために病院へ直接訪問して主治医の先生らと調整したり、患者会へ参加することもあります。患者様に提供する情報は、薬剤情報に加え生活面・衛生材料提案など多岐にわたり、社内の他の部門の方々とも連携しながら、患者様が安心して在宅で薬物治療を継続できるようなサポートに日々取り組んでいます。

仕事風景

※1 在宅エポプロステノール療法:肺高血圧症の患者様の在宅療法(携帯型輸液ポンプを使用し、エポプロステノールを持続静注)。
※2 コメディカル:医師と協同して医療を行う、検査技師・放射線技師・薬剤師・理学療法士・栄養士などの病院職員のこと。

セコムの良いところ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

私は、入社直後にセコムの提携病院へ出向し、2年間病院薬剤師としての研修を受けました。セコム薬局での業務に取り組む際、保険薬局の基本である外来業務はもちろんのこと、訪問服薬指導業務及び在宅エポプロステノール療法支援にも、提携病院での経験が生きています。
提携病院での研修期間は、病院職員と分け隔てることなく同様の業務を担当させていただき、非常に有意義な経験を積むことができました。そして、病院職員との交流も楽しかった思い出として残っています。このような研修制度も提携病院を持つセコムだからこそ可能であると感じます。
セコムには、現状以上のものを目指し、チャレンジすることを後押しする風土があります。何か新しいことを行いたいと考えたとき、業務で疑問点が生じたとき、さまざまな職種の社員が社内で活躍しており、すぐに相談することができる環境もセコムの強みであると考えます。

保険薬局の基本である外来業務はもちろんのこと、経験のなかった訪問服薬指導業務など、提携病院での研修が生かされています。