ホーム > 先輩社員の日常 > ホスピネット運用 R.Oさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

ご契約先と読影医師の架け橋となり、それが結果として患者さんの為になる

ホスピネット運用 R.Oさん

どのような仕事内容ですか?

仕事風景

遠隔医療の1つである遠隔画像診断の支援サービスを行っています。
具体的には、ご契約先の医療機関より送信されるCTやMRI等の検査画像を、当社の放射線診断専門医へ読影(※1)依頼をする事が主な業務です。専門医により得意分野や特性が異なります。そのため、読影依頼をする際は検査領域や診療科等の情報を考慮し、最適な医師へ依頼する事が求められます。
その他にも、専門医の採用や、読影に使用する機器のセットアップ・メンテナンス等、読影に付随する多岐にわたる仕事をしています。
※1.検査画像から診断上の所見を得る事

仕事のやりがい、嬉しいのはどんな時ですか?

今後、益々活性化していく医療ICTの分野に携わる事ができ、日々技術の進歩を目の前で体感できるので、非常に面白くやりがいを感じています。直接患者様と接する機会はないですが、ご契約先と読影をする医師の架け橋となり、結果として患者様の為になる事ができた時は嬉しいです。

打ち合わせ風景

セコムの良いところ、セコムだからできる(できた)ことはなんですか?

前部署では、訪問看護ステーションの広報や訪問看護師の採用に携わっていました。異動当初は右も左もわからず、医療機関からの専門性の高い問合せを正しく医師へ申し伝える事にも苦労しましたが、先輩や同僚が1から丁寧に教えてくれてバックアップしてくれました。特に、ホスピネットセンターは同年代の仲間が多く和気あいあいとしながらも切磋琢磨しながら日々の業務に取り組んでいます。
セコムにはこうした支え合い・高め合う雰囲気があり、新しい事に臆することなく挑戦できる環境が整っています。社員の好奇心、向上心を存分に発揮できるフィールドがある事がセコムの強みだと思います。

セコムには、支えあい、高め合う社内の雰囲気があり、新しい事に臆することなく挑戦できる環境が整っています。