ホーム > 先輩社員の日常 > ホスピネット運用 T.Sさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

セコムグループ内で全く違う分野の仕事ができるのは、非常に新鮮で、貴重な経験。

ホスピネット運用 T.Sさん

どのような仕事内容ですか?

ご契約先の病院から送られてくるCTやMRIなどの検査画像を、当社の放射線診断専門医へ配信することが主な業務です。専門医は配信された検査画像を読影し(※1)レポートを作成しますが、専門医によって得意分野が異なります。そのため、配信に際しては、検査で使用したモダリティ(※2)・検査部位・検査目的など、さまざまな情報を考慮することが求められます。
また、病院や医師からの問い合わせ対応や、病院に設置させていただいている画像送信用端末あるいは読影レポート作成用端末等の障害対応・メンテナンス対応も行っています。

仕事風景

※1 検査画像から診断上の所見を得ること。
※2 CTやMRI等の画像診断装置。

仕事のやりがい、嬉しいのはどんな時ですか?

打ち合わせ風景

医療用語や略語、画像上での病変など、自分の知らない医療の専門知識や、ネットワーク技術など、今後役立つ知識を多く学べることが面白いと感じており、やりがいにつながっています。

セコムの良いところ、セコムだからできる(できた)ことはなんですか?

入社後、警備の現場からのスタートでした。ホスピネットセンターへの異動直後は、医療の知識もなく、全く違う分野での仕事で戸惑いました。しかし、この「全く違う分野で仕事ができる」ことは非常に新鮮で、貴重な経験だと思います。
さまざまな分野で事業展開しているセコムだからこそこのようなことが可能であり、そう思えるのだと思っています。

自分の知らない医療の専門知識や、ネットワーク技術など、今後役立つ知識を学び、やりがいに繋がっています。