ホーム > 先輩社員の日常 > 電子カルテ導入・運用・保守 T.Sさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

各医療機関に適した電子カルテの活用方法を提案

電子カルテ導入・運用・保守 T.Sさん

仕事の内容はどのようなものですか?

打ち合わせ風景

電子カルテセンターでは、電子カルテの営業・導入から電話サポート、システムメンテナンス、新機能開発業務等を行っています。セコム医療システムで取り扱っている電子カルテ商品は、診療所から中・小規模病院まで対応可能な「セコム・ユビキタス電子カルテ」と、訪問診療機能に特化した「セコムOWEL」の2種類です。
医療機関によって電子カルテを導入する動機や必要な機能は千差万別です。医療機関それぞれの運用を確認するとともに、それにあった電子カルテの活用方法の提案をする、電子カルテの営業・導入が私の担当している業務です。

仕事のやりがい・嬉しかったことは何ですか?

病院での勤務では、患者様から感謝の言葉をいただけることが多いので、やりがいにつながっています。
例えば、医事課の窓口業務を行なっている時に急患の方が来院したら、医師・看護師と調整してすぐ診察できるように手配します。また、足の悪い方が来院された際に車いすを用意したとき「ありがとう!」「助かったよ!」という言葉をいただけるのは嬉しいですね。

セコムの良さ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

私はセコムに入社し、警備現場での経験を積んだ後、現在のセコム医療システムに異動しました。
セキュリティの世界から医療の世界へと、一般的には想像もできないような多様な選択肢があることが、セコムグループの大きな魅力だと思います。

「人々の役に立ちたい」といった情熱を抱いている方にとっては、活躍できるフィールドが無限に広がっていると思います。