骨粗しょう症予防改善プログラム
ボーンクラーク ボーンクラーク実践コース

ボーンクラーク

骨粗しょう症の若い頃からの予防や、現在進行中の方の重症化改善・骨折防止の転倒予防法など、広い年代を対象に生活習慣の行動変容を追跡指導するヘルスアセスメント票です。

研究・開発
辻秀一 北里研究所病院
スポーツ&骨粗しょう症クリニック
ボーンクラーク 初回・知識コース
骨粗しょう症のリスク(危険)要因を分析判定し、そのリスクの知識解説と予防改善法を具体的に指摘します。
調査票
■調査の流れ
調査票
個人用結果

個人結果表
団体用結果

個人結果情報一覧表
団体統計表

個人結果表の内容
調査票 48項目のアンケートに答えるだけの簡単方式。だれでも記入できます。
個人結果表 総合判定(A・B・C・D)、生活活動強度、骨と病気、食生活、運動習慣、生活習慣、骨と女性など、8項目の具体的な知識解説と改善アドバイス表を作成します。
統計表・一覧表 団体ごとの個人結果情報一覧表、年代・性別・項目ごとの統計表を作成します
特長
1. 誰でも記入できる48項目のアンケート方式。
2. 18歳以上の男女を対象とした知識・予防・改善プログラム。
3. 骨量測定検診の勧奨リストの作成。
4. 「実践コース」「見直しコース」に連動した追跡管理。
5. 食生活改善指導の入門テキスト。

オプション
分析報告書
  • 全国平均値との対比および各項目の分析評価


骨粗しょう症予防改善プログラム
ボーンクラーク実践コース

「知識コース」の終了者を対象に、実行可能な「実践的指導表」を作成します。

調査票

内容
○骨粗しょう症に関する知識テスト(30問)
○運動処方(有酸素系運動・無酸素系レジタンス運動)
○日常の身体活動(歩行習慣・スポーツ習慣)
 食生活指導表
 その他生活指導事項
 形態・検診・骨塩量等測定値
 メディカルチェック
 初回・知識コースデータの再録
特長
1. 実行可能な具体的運動処方の作成。
2. 日常生活での身体活動メニューをアドバイス。
3. 食生活をはじめとする生活習慣上の改善アドバイスを作成。
4. 「知識コース」「見直しコース」に連動した追跡管理。