トップ > 病院経営支援

これからの時代に必要な、病院経営の「見える化」。
独自システムのセコムSMASHは、ワンクリック簡単操作。データ解析に基づくコンサルティングで支援します。

提携病院での確かな実績

セコム医療システム株式会社は、1992年より医療機関と提携して相互のノウハウを結集し、地域医療に貢献しています。
医療業界を熟知し、提携病院での豊富な経営支援の経験から生まれた当社ならではの経営改善提案は、多くの医療機関様より高い評価を得ております。
提携病院での支援ノウハウを提携外の病院にもご提供することで、健全経営とよりよい医療が供給できる体制づくりのお手伝いをいたします。

また、弊社はこれまで大小関わらず、多くの医療機関のお手伝いをしてきた中で、理事長様や病院長様から「スピーディーで分かり易い経営情報を可視化できるツールが必要である」という声から「セコムSMASH」という病院経営情報分析システムを開発し、「セコムSMASH」を活用したコンサルティング業務を行っています。

病院経営支援の武器としての「セコムSMASH

「診療実績データを経営情報へ」

病院経営情報分析システム「セコムSMASH」は、ワンクリックで病院全体の経営状況を可視化する分析システムです。ご用意いただくものはDPCデータのみ。DPC対象病院だけでなく、データ提出加算算定病院すべてでお使いいただけます。
当社で開発した「セコムSMASH」を軸に、さまざまな病院経営支援を行っています。

病院経営支援コンサルティングの基本的取り組み

セコム医療システムでは、病院経営情報分析システム「セコムSMASH」により、診療科ごとに課題を明らかにし、対策を立案、共有、実行し、PDCAサイクル(「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」)を回すことを基本的な取り組みとしています。

病院と当社の関係性について

セコム医療システムでは、各病院の現場スタッフとの協働を重視した病院経営改善策を提案し、支援します。

セコム医療システム株式会社
マネジメント・コンサルティング部
(受付時間 平日 9:00~17:00)

E-Mail:consult-info@healthcarenet.jp

セコム医療システムのコンサルティングは、独自ツールである、病院経営情報分析システム「セコムSMASH」の活用レクチャーをメインに、それに付随するさまざまな分析・支援を行っています。

セコム医療システム株式会社
マネジメント・コンサルティング部
(受付時間 平日 9:00~17:00)

E-Mail:consult-info@healthcarenet.jp

過去のセミナー内容

2018年度
開催日・開催時間 テーマ 内容
(1) 6月17日(日)
13:00-16:30
【改定対策】
ダブル改定をチャンスに変える!
疑義解釈をふまえた改定の復習
改定後のレセプトチェックの着眼点
改定をチャンスに変える、経営層がすべき10の取組み
(2) 7月22日(日)
13:00-16:30
【病院経営指標】
全員経営へ意識を変える!
経営分析ソフトを活用した効率の良い経営分析
病院経営改善に必要な院内データ活用法
データはタイミング。職員と地域の意識を変える戦略
(3) 8月25日(土)
13:00-16:30
【院内連携】
戦える組織に変える!
2018年度改定の他職種連携、働き方改革について
看護師の視点から考える院内連携
職員家族主義。笑顔で頑張れる組織の作り方
(4) 9月30日(日)
13:00-16:30
【地域連携】
地域に愛される病院に変える!
マーケット分析を活用した、愛される病院の地域連携
地域包括ケアシステムと戦略的地域マネジメント
地域に愛される病院の作り方

※テーマ・演者に関しては変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

セコム医療システム株式会社
マネジメント・コンサルティング部
(受付時間 平日 9:00~17:00)

E-Mail:consult-info@healthcarenet.jp

400床規模 急性期病院

新入院患者数が減少し、在院日数を延長するも延べ患者数が減少。
それに伴い、収入も減少。

新入院、収入のV字回復

対策
1.
入院収入上位の診療科及び減少幅の大きい診療科を中心に、診療科ごとに分析・提案し、経営会議にてディスカッションを実施
2.
進捗確認の為、3ヵ月ごとに診療科ヒアリングを実施
3.
GIS(地理情報システム)を活用した紹介元医療機関分析による紹介患者増の具体的取組を実施
対策

約1年半で、延べ患者110%、入院収入115%に。

300床規模 急性期病院

セコムSMASHのベンチマーク機能を活用し、算定状況を確認したところ
他施設の平均よりも著しく低い算定率の項目を発見

平均算定率よりも高い数値を維持している

対策

他院とのギャップに気づき、すぐに病院長の指示で現状調査、算定率アップの対策を講じ、翌月から算定率アップ。
同機能を活用し継続した算定ができているかをモニタリングを行っている。

対策

年間増収額は約1600万円に。

200床規模 急性期病院

重症度、医療・看護必要度ⅠとⅡにおけるHファイルとEFファイル突合において
本当に正しく漏れなく入力できているか自信がない

セコムSMASHのEFファイル突合機能を活用し、項目別の差異や患者IDごとの差異を確認でき、Hファイルでのチェックが漏れていたことが判明。
翌月から適切にチェックされるように改善中。

※改善効果を保証するものではなく、個別事情により効果は異なります。
セコム医療システム株式会社
マネジメント・コンサルティング部
(受付時間 平日 9:00~17:00)

E-Mail:consult-info@healthcarenet.jp