ホーム > 新入・若手社員に聞く > 電子カルテセンター T.Tさん

新入・若手社員に聞く

一覧ページに戻る

様々なアプローチで医療に携われることが魅力

入社を決めた理由

就職活動では、どんな人でも必ず関わり、生きていくうえで欠かすことのできない医療という分野で働きたいとの思いから、医療業界での就職を考えて活動していました。しかし大学で医療に関することを学んできたわけではなかったため、どのように医療に携われるか悩んでいました。そのような中で見つけたのがセコムでした。電子カルテなどのネットワーク医療や在宅医療、介護施設など、さまざまなアプローチで医療に携わることができる点に魅力を感じました。提携医療機関も多数あり、現場を間近で感じることもできます。さらに医療だけでなく、セキュリティを中心にグループ全体で“ALL SECOM”として「安全・安心」な社会の構築に貢献できるのはセコムだけだと感じ、入社を決めました。

現在の仕事内容

電子カルテセンターの運用チームに所属し、電子カルテの運用業務を行っています。運用チームの業務は新規案件の環境構築からネットワーク環境の整備、サーバーの保守管理や不具合・障害対応など多岐にわたります。他部署のIT関連の業務に関わることもあります。私は現在、医療機関ごとのネットワークやウィルス対策ソフトの設定、緊急時用のデータ作成などの業務を担当しています。まだ私の関わっている業務は少ないですが、先輩方に助けていただきながら、少しずつ新たな業務を覚えています。新しく覚えることが毎日増えていくのはとても大変ですが、自分が日々成長していることを実感しています。

これから挑戦してみたいこと

運用の業務では、プログラミングやデータベース 、サーバーの監視ツールをはじめとするソフトウェアなどを扱うためのパソコンスキルが不可欠となります。このような技術を組み合わせて、業務の効率化を考える柔軟な思考も必要です。日々の業務を覚えることと併せて運用担当としてのスキルも身につけたいと考えています。また、電子カルテを扱う上で医療情報に関する知識や法律なども学んでいく必要があり、勉強すべきことがあふれています。やるべきことの多さにめげることなく、新たな知識や技術を身につける向上心と好奇心を忘れずに、チームの、そしてセコムの力になれるよう努力していきます。

1日のスケジュール

就職活動はいろいろな企業と出会い、そこで働く方の声や姿を直接見聞きできる貴重な場です。資料だけでは分からない雰囲気を肌で感じて、自分にあった就職先を見つけてください。そして、就職活動は自分を見つめ直す良い機会でもあります。過去を振り返り、これからどんな仕事をしてどんな人生を送っていきたいかをじっくり考えることは、この先それほど多くはないと思います。自分と向き合ってたくさん悩んでください。行き詰ったら周りの人に助けを求めるのも良いかもしれません。自分で狭めなければ、選択肢は思っている以上に多いと思います。思い通りにいかず苦労することもあると思いますが、みなさんが納得した形で新しいスタートを切れることを祈っています。