ホーム > 新入・若手社員に聞く > 人事総務部 K.Hさん

新入・若手社員に聞く

一覧ページに戻る

医療従事者と患者様、それぞれの声を起点にしたサービスを考えていきたい。

入社を決めた理由

就職活動中は様々な業界を検討していましたが、身内や知り合いに医療従事者が多かったこともあり医療業界は身近に感じていました。普段から医療の現場で働く人の声を耳にすることも多く、その苦労や大変さを聞くと、医療従事者にとって快適で安全な環境でなければ、患者様に提供する医療の質も安全・安心で良質なものにはならないのではないかと強く感じるようになりました。セコム医療システムではセコムグループの総合力を活かすことで、メディカルをトータルにサポートする基盤が整っています。ここでなら、現場にいる医療従事者の方、患者様それぞれの声を起点にしたサービスを考えていくことができると思い、入社を決めました。

現在の仕事内容

人事総務部の役割は「人事」と「総務」ですが、私は総務業務にたずさわっています。主な仕事は、物品・請求書管理、郵便業務、秘書業務などです。また、毎年、若手層や中堅層向けにセコム医療グループ合同研修を開催しており、その準備から当日の運営にも携わっています。総務は、突発的に起きた問題に対し早急に対応しなければならないこともあり、大変なことも多いですが、その分達成できた時や社員の方から感謝された時にはやりがいを感じます。部署の仕事以外にも、社内横断プロジェクトの一貫として、合同研究発表会のプロジェクトメンバーの一員にもなっており、他部署の方と共に発表会の企画や準備を行っています。普段一緒に仕事をする機会がない方々と仕事をすることは、とても良い刺激になっています。

これから挑戦してみたいこと

総務は、常に全体を見渡して会社全体を最適化することが求められますが、実際は目の前で起きた問題への対応に追われてしまい、全体を見て仕事ができていないなと感じることが多々あります。今は任された仕事を遂行していくので精一杯ですが、少しずつ会社全体がより良い状態へなるように考え、行動していきたいと思っています。いずれは、今いる部署での経験を病院などの現場に活かしていきたいです。現場の声を起点に、より良いサービスの提案や、現場の環境をより快適にすることで、働く人によっても、利用する人にとっても、「安全で安心な」場となるよう、貢献していきたいと考えています。

1日のスケジュール

「今の自分にとって必要なこと」を常に考え、決断していくことはとても大事だと思います。就職活動は年々短期決戦となり、学業やアルバイト、卒業論文など同時並行してやらなければならないことが多い皆さんにはとても大変な時期だと思います。就職活動の中には、さまざまなイベントがありますが、本当に自分にとって必要なことなのか、一度立ち止まって考えてみてください。周りと同じ行動をすることは安心感を生みますが、必ずしも自分にとって最善の行動とは言えないと思います。自分で考え決断したことは、成功も失敗も含め、全てが自らの成長の糧となるはずです。苦しいことも多いと思いますが、皆さんが大きく成長するまたとない機会でもあるので、頑張ってください。