ホーム > 社長メッセージ

社長メッセージ〜学生の皆さんにお伝えしたいこと

既成の概念に捉われることなく、本当に必要なものは何か?を考え、共に新しい一歩を歩んでいく仲間を求めています。

セコム医療システムの事業は、1991年に「訪問看護」と「薬剤提供」を行う在宅医療事業からスタートしました。
当時、これらのサービスは十分認知されていませんでしたが、「生活者の安全・安心」のために、パイオニアとして挑戦し続けました。
30年が経った現在では、20の提携医療機関をはじめ、地域の病院・クリニックと連携し、全国34カ所の訪問看護ステーションを有するようになりました。
そして、在宅医療のみならず、クラウド型電子カルテや病院経営情報分析システム、遠隔読影、遠隔病理診断、遠隔診療など、医療ICT事業においてもサービスを展開しています。
特に遠隔診療においては、クラウド型電子カルテと組み合わせた国土交通省のスマートアイランド事業や国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)のウイルス等感染症対策技術開発事業実証研究支援に採択され、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策として医療現場で活用されています。また、国内で築き上げた医療サービス・システムを海外へ展開すべく、2014年にインドに進出し、ベンガルールに病院(Sakra World Hospital)を設立しました。
2019年には、病院のサテライトとしてクリニックを新設すると共に在宅医療を開始しました。
今後、海外事業展開を加速させていきます。

セコムは、2017年5月に「セコムグループ2030年ビジョン」を策定し、「いつでも、どこでも、あんしん」「誰にとっても、あんしん」「切れ目なく、ずっと、あんしん」を特徴とする「あんしんプラットフォーム」構想を発表しました。構想の実現にはセコムグループの総力を結集する「ALL SECOM」、セコムと想いを共にするパートナーとの「共想」、ビッグデータ分析によりお客様の潜在ニーズに応えつながりを増やしていく「コネクテッド」、「安全・安心」を提供するサービスを「快適・便利」なサービスに進化させる「価値拡大」が必要となります。これらを実現することによりセコムグループは、変わりゆく社会に、変わらぬ安心を提供することを目指しています。

セコム医療システムは、セコムグループの一員として、安全で快適な暮らしを営む上で、「命を守ることは究極のセキュリティ」をモットーに医療・介護・健康分野におけるサービスを展開しています。医療・介護・健康事業を展開している企業は数多くありますが、セキュリティ、防災、メディカル、保険、地理空間情報サービス、BPO・ICTなどの事業をトータルに展開しているのはセコムグループだけです。だからこそ「セコム医療システム」でしかできない仕事があります。

我々は、「Courage Challenge Change 変化を恐れず、常に新しいことにチャレンジ!」をスローガンに掲げ4年目を迎えます。COVID-19に見舞われた昨年は3年目ということもあり、社員一丸となって円滑に働き方と環境を変えることができました。そして、「日本一信頼される医療・介護グループ」となり、セコムにしかできない社会にとって有益なサービスの提供をするためには、社員一人ひとりが存分に能力を発揮し、活躍できる環境が重要であることが再認識されました。みなさん、我々の仲間になってお客様から「良い仕事をしているね」と言われるように挑戦してみませんか。

我々は、以下のような志のある人財を求めています。

第一に、「社会の困りごとを解決したい」「世の中のためになる新しいサービスを作り出したい」という強い想いを抱き、新たなものに挑戦するチャレンジ精神に溢れている人財。

第二に、常に問題意識を持って、自ら考えて、自ら行動できる人財。受け身で指示を待つのではなく、主体性と勇気をもってまず一歩を踏み出せる人財。

第三に、加速する国際化に対応できるよう、グローバルな視野を持ち、常に好奇心にあふれて成長し続ける人財。

COVID-19により、これまでの常識がこれからは非常識となるような、社会の概念、ルールの変化が進んでいます。ニューノーマルを見出すために、既成の概念に捉われることなく、しなやかな感性を持ち、自由に楽しく賢明に、そして懸命に本当に必要なものは何か?を考え、共に新しい一歩を歩んでいく仲間を求めています。

代表取締役社長 小松 淳