ホーム > 先輩社員の日常 > 病院運営支援 M.Kさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

セコム提携病院やクリニックの経営状況の管理を行い、対策・方向性を考える。

病院運営支援 M.Kさん

仕事の内容はどのようなものですか?

打ち合わせ風景

運営監理部という部署で提携病院・クリニックの経営状況の管理を行っています。各提携病院・クリニックには毎年年度末に次年度の事業計画を作成していただいており、その計画・前年度の実績に対して現状どのようになっているのかを確認し、良い点・悪い点、その原因を見つけます。良い点に関してはそこからどのようにするとさらに伸びるかを考察し、悪い点については対応策を講じます。毎月各提携病院・クリニックから届く業績は数字の資料のため、各数字のトレンドや関係性から現状を推測することしかできません。そのため当部署にいる各提携病院・クリニックの担当者に現状の確認を依頼します。確認結果は部内の会議で情報共有され最終的には当社社長へと報告され対策・方向性が決まります。

仕事のやりがい・嬉しかったことは何ですか?

各提携病院・クリニックから届いた業績数値から推測した「現状」や「前月からの変化の要因」が的中すると嬉しく感じますし、自信にも繋がります。
また、セコム株式会社へ各提携病院・クリニックの業績を始めとするさまざまな内容を報告する際の資料を作成し、その報告会に同席して、自分が作成した資料をもとに議論が交わされ、承認されるとき達成感を得られます。
お客様や患者様から直接「ありがとう」と言われる仕事ではありませんが、我々の仕事の結果にせよ病院・クリニックの自発的努力の結果にせよ数字として届く業績が良くなっていくのを見ると「良かった」と思いますし、喜びを感じます。

セコムの良さ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

セコムのサービスは多岐にわたり、そこに接している人々もさまざまです。私はセコム株式会社の警備員として入社し、セキュリティサービスを導入いただいている数多くのお客様と接してきました。感謝されたこともあれば厳しいお言葉を頂戴したこともあります。現在はセコム医療システムに勤務し提携病院・クリニックの医師・看護師・リハスタッフ・事務スタッフ等の方々と接しております。セコムに入社し現在まで本当に多くの方々と接してきました。セコムだからこそこれだけの機会が得られたのだろうと思います。
多くの方々と出会い、言葉を交わすことで多くの気づきを得られます。そこで浮きぼりになった自分の考えを肯定・否定することで自身の人間性を高めることができるのではないでしょうか。セコムはそういうことができる会社だと思います。

多くの方々と出会い、多くの言葉を交わすことで、自身の人間性を高めることができる会社だと思います。