ホーム > 先輩社員の日常 > ホスピネット運用 N.Mさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

遠隔画像診断支援サービス「ホスピネット」を通じて、患者様のためになれることが喜び。

ホスピネット運用 N.Mさん

仕事の内容はどのようなものですか?

打ち合わせ風景

遠隔医療の1つである遠隔画像診断支援サービス「ホスピネット」の運用と広報宣伝を担当しています。当サービスは、契約先(医療機関)で撮影されたCTやMRIなどの検査画像をセコムのセキュアな通信技術を活用してデータセンターに送信し、セコムで契約している画像診断のスペシャリスト(専門医)により画像診断を行い、医療機関の診断支援をするものです。
検査画像は体の部位や検査機器、撮影方法などそれぞれ異なるため、専門医の専門分野・特性に合わせて最適なアサインを行うことが主な業務です。そのほかにも、専門医の採用、画像診断に使用する機器のセットアップや障害対応、メンテナンスなど画像診断に付随する業務を行っています。広報宣伝業務は、「ホスピネット」のホームページリニューアルや広告作成及び掲載手配、展示会への出展など営業活動の支援を行っています。

仕事のやりがい・嬉しかったことは何ですか?

ご契約医療機関様より、院内で気が付かなかった所見(病変)を「ホスピネット」のおかげで気が付くことできたと感謝の言葉をいただくことがあるのですが、ご契約医療機関様、ひいては患者様のためになったと思うと嬉しい気持ちになります。厳しい言葉をいただくこともありますが、それだけ「ホスピネット」が病院の診療に深く関わっており、期待されている証だと考えています。さらなるサービスの質向上に向けて多くのプロジェクトが企画されていますが、チームメンバーで意見を出し合い、一つ一つ実現していくことがやりがいになっています。広報宣伝業務では、ホームページのリニューアルにより、資料請求や専門医の応募が増加し達成感を得ることができました。専門医の採用面談も担当しているため、Webで検索して応募しましたというお話を伺うと嬉しく思います。

セコムの良さ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

セコム医療システムに入社し、提携医療機関やシニアレジデンス(有料老人ホーム)など見学・研修に回り、さまざまな現場について勉強しました。その後も、若手研修ではあらゆる職種の社員が一堂に会し、キャリアデザインについて学び、意見交換を行うことで、モチベーションの向上につながりました。セコムには研修により成長できる環境があり、多種多様な幅広いフィールドがあるため、キャリアアップの道は無限大です。「ホスピネット」も専門職やさまざまなキャリアの社員が勤務しており、各々の個性を発揮しながら支え合い・高め合える風土があります。これからも「ONE TEAM」で新しいことに挑戦していきたいと思います。

セコムには、研修により成長できる環境があり、多種多様な幅広いフィールドから職務を選択できるため、キャリアアップの道は無限大です。