ホーム > 先輩社員の日常 > 医療コンサルティング N.Kさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

病院の将来を決めるサポートができることにやりがい。

医療コンサルティング N.Kさん

どのような仕事内容ですか?

病院の経営改善のためのコンサルティング業務と病院経営を分析するシステムである「セコムSMASH」の営業支援を担当しています。
コンサルティング業務では、病院の診療データ分析や病院職員へのヒアリングをもとに、病院経営の改善にむけた提案を行っています。配属当初は、診療データの分析・資料の作成が主な業務でしたが、最近ではお客様先での講演、自社開催セミナーでの講師としてプレゼンテーションも行っています。
また「セコムSMASH」の営業支援では、システム導入を検討している病院に対し「セコムSMASH」の特長やシステムを活用するメリットについて説明しています。

仕事風景

仕事のやりがい、嬉しいのはどんな時ですか?

打ち合わせ風景

コンサルティング業務は、病院経営に携わる方に対し、病院の経営方針など「病院の将来を左右する決断」をサポートするものです。病院経営者への提案は常に緊張感がありますが、病院の将来を決めるサポートができることにやりがいを感じます。ある病院の院長から「現状と今後なにをしていくべきかよくわかった。ありがとう。」と仰っていただいた時は、過去の失敗や経験が無駄ではなかったと喜びを感じたことを覚えています。
今後もお客様の期待に応える提案ができるよう、日々模索し、経験を蓄積していきたいと思います。

セコムの良いところ、セコムだからできる(できた)ことはなんですか?

コンサルティング業務を行う上で一番大切なことは「信頼関係」を築くことです。たとえ的確な指摘ができたとしても、信頼されていなければお客様は本当に納得し、行動に移してはくれません。お客様とお話しする際に、「セコムさんだからお願いできる。」と言っていただけることが多く、「セコムの社員」であることは信頼関係を築く上で最初のハードルを下げてくれているのだと感じます。
セコムの社員として、先輩たちが築き上げた信頼を裏切ることがないよう、正しさを追求しながら今後も業務に励んでいきたいと思います。

セコムの社員として、先輩たちが築き上げた信頼を裏切ることがないよう、正しさを追求しながら今後も業務に励んでいきたいと思います