ホーム > 先輩社員の日常 > 病院事務・経理 R.Tさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

自分の想いを形にするチャンスがここにはあります。

病院事務・経理 R.Tさん

どのような仕事内容ですか?

セコム医療システムの経理を担う経営管理部と、医療機関向けクラウド型電子カルテの営業・導入・運用・保守などを行う電子カルテセンターでの事務担当を経て、現在は医療法人社団輝生会に出向しています。輝生会は東京・千葉に5拠点の施設を運営する医療法人です。私は法人全体の経理業務を担当する部署に所属しており、患者さんと直接顔を合わせる業務ではありませんが、病院を支える一員として、自分の業務が運営に貢献できていることが実感でき、毎日楽しく仕事をしています。

仕事風景

仕事のやりがい、嬉しいのはどんな時ですか?

打ち合わせ風景

入社して間もない頃、経理の仕事をしながら「この請求書を受け取る患者様はどんな人なのだろう」と思うことがあり、自分の仕事がどのように患者様の役に立っているのかをすごく知りたいと思っていました。 また、セコム医療システムは「日本一の医療グループ」を目指していますが、医療現場の実際はどうなのだろうか、これを標榜するからには、医療の現場がどんなところなのかを自分の目で確かめたいと思い、当時は医療機関での勤務経験がない非専門職を対象とした社内公募の短期病院研修があったのでこれに応募し、経理業務から一旦離れてセコムの提携医療機関で研修を受けました。
研修期間は9ヵ月間で、病院の各部署を回り、先輩から指導を受けながら業務補助を行いました。例えば、医事課ではレセプト請求や外来窓口での受付対応を、そして看護部では、病棟のベットメイクなどの看護補助業務や、夜勤も体験しました。実務の一端に接し、病院の業務を理解することができました。また、研修の中でいろいろな人と出会い、さまざまな学びと発見があることが楽しかったです。そして、実際に患者様に接しながら生の声を聴けたときや感謝の言葉をかけていただいたときに、研修に参加して良かったとしみじみ感じました。 今でも、この研修で学んだことを生かして、患者様やご利用者様のことを考えながら日々の仕事をしています。

セコムの良いところ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

セコムが誇るのはそのブランド力だけではありません。どんな想いを持って仕事をしているか、だと思います。セコムは真に社会の安全と安心を願うからこそ、幅広い分野で事業を展開しています。医療もその一つです。社員にとっては「これをしたい」と思うことを形にすることができるチャンスがあり、さまざまな分野にわたってやりたいことを実現する数多くのフィールドがあります。
また、自分の想いをサポートしてくれる先輩や同僚が数多くいます。このように自分の希望を実らせる大きな土壌があることが、セコムの強みではないかと思います。

非医療専門職でありながら、社内公募で病院研修に参加。医療現場を自分の目で確かめることができ、学びと発見の連続でした。