ホーム > 先輩社員の日常 > 訪問介護サービス N.Sさん

先輩社員の日常

一覧ページに戻る

「その人らしく在宅で生活することができる」ように管理者として役割を担う。

訪問介護サービス N.Sさん

どのような仕事内容ですか?

ケアサービス部に所属し、セコムケアステーションみなとの管理者を務めています。「その人がその人らしく在宅で生活できること」を理念として、介護保険制度のもと、日常生活の支援を行っています。具体的には、ご利用者様のご自宅に訪問して、身体介護(排泄、食事、入浴、外出など)や生活援助(掃除、洗濯、調理、買物など)を行っています。その他、スタッフの育成・管理、ケアマネジャーとの連携、新規利用者様の契約・調整から介護計画の実施、所長会議・サービス提供責任者会議への参加など業務は多岐に渡ります。
私は、法令を遵守した運営、スタッフがやりがいを持って働ける環境作り、ご利用者様とそのご家族に満足していただけるサービスを提供することが、管理者の一番の役割だと思い、日々の業務にあたっています。

仕事風景

仕事のやりがい、嬉しいのはどんな時ですか?

打ち合わせ風景

私にはやりがいがたくさんあります。
具体的には、「ご利用者様がこれまでできなかったことが、できるようになった時」「ご家族から感謝の言葉をいただいた時」「スタッフの目標が達成できた時」「困難ケースの訪問に対応できた時」「新規の依頼をいただけた時」「売上の目標を達成できた時」などです。
このようにたくさんのやりがい、たくさんの喜びがある今の仕事を、これからも頑張っていきたいと思います。

セコムの良さ、セコムだからできる(できた)ことは何ですか?

当社では、訪問介護の他、訪問看護サービスも提供しており、多職種が連携できる土壌が整っています。「その人がその人らしく在宅で生活することができる」ように、というケアサービス部の理念に基き、訪問介護・訪問看護・デイサービス・ケアマネージャー・訪問リハビリといった、多職種が縦・横・斜めで連携してご利用者様の生活を支えています。これは、セコムにしかできないことだと思います。

訪問介護・訪問看護・デイサービス・ケアマネージャー・訪問リハビリといった、多職種で連携しご利用者様の生活を支えています。これは、セコムにしかできないことだと思います。