医療安全対策加算 施設基準対応
医療安全管理者養成講座
(eラーニング&集合研修)

セコムの医療安全管理者養成講座とは

セコム医療システムが提供している「医療安全管理者養成講座」は、医療安全対策加算に関する施設基準を満たした研修となっています。
カリキュラムは、eラーニングによる学習と1日の「集合研修」で構成されており、eラーニングは、パソコン、タブレットおよびスマートフォンのどれからも学習できるマルチデバイス対応となっています。いつでもどこでも何度でも視聴でき、ご自分のペースで学習することができます。(プログラム提供:株式会社キューラメディクス)

医療安全対策地域連携加算とは

【新設】医療安全対策地域連携加算1
(施設基準一部抜粋)
医療安全対策に3年以上の経験を有する専任の医師又は医療安全対策に係る適切な研修(※)を終了した専任の医師が医療安全管理部門に配置されていること

※ 適切な研修とは

厚労省の医療安全対策加算の施設基準である40時間以上又は5日間の学習時間を満たすもの
(医療安全対策加算1施設基準より)

セコムのeラーニングの特徴

セコムのeラーニングの特徴

今での受講者からの声

今での受講者からの声

参加者の内訳

参加者の内訳

医療安全管理者養成講座カリキュラム

(eラーニング41時間/集合研修5時間)

(注:下記カリキュラムは抜粋です。)

講座内容 講師(敬称略)
医療の基本特性、質と安全 橋本 廸生(横浜市立大学 名誉教授  公益財団法人 日本医療機能評価機構 執行理事)
医療安全の原理 橋本 廸生(横浜市立大学 名誉教授  公益財団法人 日本医療機能評価機構 執行理事)
医療メディエーション:対話と関係調整のモデル 和田 仁孝(早稲田大学大学院 法務研究科 教授)
医療安全推進の動向 遠矢 雅史(公益財団法人 日本医療機能評価機構 評価推進事業部 部長)
医薬品の安全管理 渡邉 幸子(医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院 医療安全管理課)
臨床検査と医療安全 浅井 さとみ(東海大学医学部 基盤診療学系臨床検査学 准教授)
KYTの実際と職場導入のポイント 細川 香代子(セコム医療システム株式会社 運営監理部)
インシデント・アクシデント事例のRCA(Root Cause Analysis)実践 寺井 美峰子(名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部)
医療安全のための基本的な医療関連感染対策 坂本 史衣(学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院 QIセンター感染管理室マネジャー)
医療安全と看護師の役割 松月 みどり(東京医療保健大学 和歌山看護学部 教授)
高齢者ケアと医療安全 緒方 泰子(東京医科歯科大学大学院 保健衛生学研究科 高齢社会看護ケア開発学分野 教授)
医療機器に必要な保守・管理~医療機器を安全に使用するために~ 田代 嗣晴(独立行政法人労働者健康福祉機構 横浜労災病院 臨床工学部)
医療事故調査制度 三井 睦貴(荒井東京法律事務所 弁護士)
院内救急システム:RRS~医療安全を変えるシステム~
院内は本当に安全なのか? ~RRSの考え方と実際~
安宅 一晃(奈良県総合医療センター集中治療部 部長)
手術室における医療安全 菊地 龍明(公立大学法人横浜市立大学附属病院 医療安全・医療管理学 准教授)

セコム医療システム株式会社 運営管理部 担当/築地

メールアドレス:iryo-anzen@secom.co.jp

お申込み方法:以下の必要事項をご記入のうえ、上記アドレスにEメールでお申込みください。後日、確認のご連絡をいたします。

(1)お名前(フリガナ)
(2)住所・連絡先
(3)勤務先名
(4)所属
(5)職種
(6)Eメールアドレス

※お預かりしました、お名前・ご住所等の個人情報は、本研修を運営するためのみに使用し、他の目的への使用・第三者への提供は行いません。
ご同意の上、お申し込みいただきますようお願いいたします。

セコムOWEL
Hospi-net
セコム健康くらぶ
セコムSMASH
あんしん介護のススメ
セコムVitalook
訪問看護師採用特設サイト
セコムOWEL
Hospi-net
セコム健康くらぶ
セコムSMASH
あんしん介護のススメ
セコムVitalook
訪問看護師採用特設サイト
薬剤師求人サイト