セコムクラウド
PACS

Powered by NOBORI

セコムクラウド
PACSとは


ABOUT SECOM CLOUD PACS

レントゲン、CT画像などの医療情報データをクラウド管理

IT技術によって、画像などの医療情報を安全に保管・利用できる新しいクラウドサービスです。レントゲン、CT画像をはじめとする大容量の医療情報データを、医療機関の外部にある、複数の医療機関共通のデータセンターで安全に管理。必要な時にいつでも参照、共有、利用することができます。PACSをクラウド化する上での課題を解決し、メリットを最大限に引き出した、高品質のサービスです。
PACSという言葉に統合されるさまざまなソフトウェア、機能も、クラウド環境でご利用いただけます。医療情報をIT化することにより、それぞれの立場の利用者にもっと身近に役立つプラットフォームへと発展していくことを目指しています。

セコムの優位性 〜充実したシステム連携実績〜


SECOM’s SUPERIORITY
  • セコム・ユビキタス<span>電子カルテとの連携</span>

    セコム・ユビキタス電子カルテとの連携

    拠点病院とサテライトクリニックと撮影場所が異なっても電子カルテからPACS起動連携を行えば、何処でも画像を共有し参照が可能。
    訪問診療先でも電子カルテからPACS起動連携を行えば、院内同様に画像を共有し参照が可能。患者属性連携を行えば、MWM機能で撮影時の患者入力が不要になります。

    セコム・ユビキタス電子カルテについて見る
  • 遠隔画像診断支援サービス<span>ホスピネットとの連携</span>

    遠隔画像診断支援サービスホスピネットとの連携

    システム標準機能のNOBORIPALを使用してホスピネットへ読影依頼が可能。返却レポートは、キー画像とともにPACS内に電子データで保管され、いつでも参照が可能。撮影画像と紐づいているので検索も簡単です。
    オーダー連携で電子カルテから依頼票を取得、レポート返却も可能です。

特長


FEATURE
  • 専用アプライアンスで
    院内サーバ不要

  • 院内サーバ同様の
    スムーズな速度・操作性

  • 初期投資は安価。
    使用料課金でコスト面も経済的

  • 統合管理による
    メンテナンス性の向上

  • 施設を横断した
    情報共有・サービス利用

すべて共通仕様の専用アプライアンスである“NOBORI-CUBE”を必要な種類と数に応じて配置し、PACSを構成します。大規模病院からクリニックまで、あらゆる規模の病院・医療機関に対応することができます。
“NOBORI-CUBE”のストレージにはSSDを採用し、従来のハードウェアに比べ飛躍的な耐障害性を実現しました。さら にデータセンターからシステムを常時監視しており、障害をいち早く検知します。
「セコムクラウドPACS」のサービスご契約者はレンタルでのご利用となり、機器の障害対応、更新はすべて当社が実施します。

セコムクラウド PACSで
解決できること


ABOUT SECOM CLOUD PACS
  • 数年ごとのサーバ機器の購入、維持に
    高額なコストがかかる

    画像データの保管はクラウドで行うので院内に高額なサーバを用意する必要はありません。また、サーバルーム等の設備も不要なので、維持費も軽減できます。
    例)電気代は1/3以下に抑えられます。
  • サーバの保守スタッフが
    退職してしまい、構成がわからない

    コンパクトな専用アプライアンスサーバのみ設置するので管理は簡単です。
    また、PACS専門の弊社技術員が保守サポートを行います。
トップへ