セコム薬局(薬剤提供サービス)

セコム薬局(薬剤提供サービス)について

セコム医療システムが提供するセコム薬局では、一般調剤のほか、在宅中心静脈栄養法、在宅経管栄養法、在宅疼痛管理、在宅抗癌剤治療などの調剤にも対応できる設備を整えており、在宅医療のサポートを積極的に行っています。

セコム薬局のご案内

サービス内容

訪問服薬指導

img

「お薬を届けて説明する」だけではなく、「服薬支援」と「薬物治療のアセスメント」が訪問薬剤師の仕事になります。
患者様の服薬能力や服薬環境にあわせた処方内容への変更を提案、お薬の一包化や服薬カレンダーでの管理などにより、在宅患者様が適切に服用できるよう支援を行います。
また服薬により期待する効果が現れているか、副作用が現れていないかの評価を、フィジカルアセスメントも取り入れながら行っています。

在宅中心静脈栄養法

img

食事で栄養摂取ができない患者様がご自宅で高カロリー輸液の点滴をすることを在宅中心静脈栄養法(HPN:Home Parenteral Nutrition)といい、現在ではさまざまな高カロリー輸液のキット製剤が発売されています。セコム薬局では、中心静脈栄養法(IVH)がご自宅でスムーズに行えるよう、在宅サポートを行っています。

在宅経管栄養法

img

患者様の腸がうまく機能している場合は、高カロリー輸液などの注射薬ではなく、鼻や腸からチューブを使って投与する栄養剤が使われます。セコム薬局では、これらの栄養剤(保険適応)はもちろんのこと、投与するために必要なチューブや器材も取り揃えて、患者様のご自宅での療養を支援しています。

在宅肺高血圧症療法

img

セコム薬局では、全国の肺動脈性肺高血圧症患者様の在宅療法をサポートしています。
退院準備期間からサポートを開始し、退院後も継続して対応しているため、安心して在宅療法に移行できます。

セコム薬局が考える在宅医療・地域連携

訪問診療クリニックのカンファレンスに参加

img

在宅患者様の治療方針を共有し、病状を把握するため、医師や看護師とのカンファレンスに定期的に参加しています。

電子カルテで訪問診療クリニックと情報共有

img

訪問診療クリニックの電子カルテを薬局に設置しリアルタイムでの情報共有が可能な環境を整えています。診療録や検査値を確認し腎機能など患者状態に応じた薬剤提案、また医師の処方意図を汲んだ上での指導管理など、在宅患者様の適正な薬物治療に貢献しています。

近隣病院の薬剤部との薬薬連携

近隣にある病院の薬剤部と周辺調剤薬局が集まり、「病院と在宅の薬物治療の切れ目」など、「地域の薬の問題点」を解決するための会議を開催しています。
また、病院の医師を招いて疾患・治療薬に関する合同勉強会も定期的に開催しています。

訪問看護ステーションでのカンファレンスに参加

訪問看護師、ケアマネージャー、介護職の方々が所属している訪問看護ステーション(居宅介護支援事業所併設)でのカンファレンスにも定期的に参加しています。
在宅患者様のケースカンファレンスでは、他の職種では解決できない薬の問題点も、薬剤師の視点で解決できることが多々あり、薬剤師の職能を発揮できる良い場となっています。

薬の勉強会を開催

img

地域の介護事業所や地域包括支援センターなどからの依頼で、介護に携わる方々向けの「薬の勉強会」の講師を務めています。また、訪問服薬指導や地域連携に積極的に取り組んでいることが評価され、地域の薬剤師会からの依頼で薬剤師対象の勉強会講師を務めることもあり、我々の経験を社外へ伝えていくことも重要な役割と考えています。

セコムOWEL
Hospi-net
セコム健康くらぶ
セコムSMASH
あんしん介護のススメ
セコムVitalook
訪問看護師採用特設サイト
セコムOWEL
Hospi-net
セコム健康くらぶ
セコムSMASH
あんしん介護のススメ
セコムVitalook
訪問看護師採用特設サイト
薬剤師求人サイト