サステナビリティ

サステナビリティへの取り組み

セコムグループは、2021年12月に「サステナビリティ基本方針」を策定し、重要課題を特定、2022年10月にその課題に対する中長期目標KGI(目指す姿)を設定しました。

KGI(目指す姿)には、以下を掲げています。

  • ・人命・財産被害ゼロを目指す、お客様の不安ゼロを目指す
  • ・日本初の“安全・安心”サービスを創出する企業であり続ける
  • ・「働きがいも、働き易さも」実現する
  • ・多様性を活かした人財活躍を実現する
  • ・「人権を守る」企業として社会に評価される
  • ・自律的に行動する風通しのいい組織を作る
  • ・「カーボンゼロ2045」を達成する
  • ・サーキュラーエコノミー(循環経済)を実現する
  • ・地域の安全に貢献する企業として社会の信頼を得る

これら中長期目標として設定したKGI(目指す姿)には、それぞれにKPI(KGIの達成度合いを測る指標)を定め、定期的に評価し改善を促していきます。

当社は、セコムグループの一員として、社会がどのように変化しようとも、「医療」から「介護」、「健康・予防」までを「ICT」でつなぎ、切れ目のないトータルなメディカルサービスを提供することで、変わらぬ「安全・安心」をお届けし、社会課題の解決に貢献し、持続可能な事業運営を進めてまいります。

― 共創 ― 持続可能な社会を共に創っていくために

サステナビリティ重要課題

セコム医療システムのSDGsの取り組み

セコムグループが目指す「あらゆる不安のない社会」を実現するために
セコムグループが掲げるサステナビリティ重要課題に対して
「医療・介護・健康・ICT」に関わる取り組みを実践しています。

健康経営への取り組み

健康宣言

Courage Challenge Change

セコムが目指している「社会システム産業」の構築を実現するためには社員一人ひとりが変化を恐れず、常に新しいことにチャレンジし続ける必要があります。そのためには何よりも社員自身が健康で活き活きと働けることが重要です。

すべての社員が心身ともに健康で、意欲と情熱を持って仕事に取り組むことができるよう、社員の健康管理と働きやすい職場づくりを推進していきます。

代表取締役社長 小松 淳

健康の保持・増進に向けた7つの柱
  • 1.生活習慣病予防
  • 2.メンタルヘルス対策
  • 3.禁煙対策
  • 4.過重労働対策
  • 5.ワークライフバランス
  • 6.職場の活性化
  • 7.感染症予防対策

健康経営推進体制

プロジェクトメンバー

“社員の健康と会社の発展は一体不可分”という考え方のもと、健康経営宣言の企画/推進を目的とした組織として、「健康経営推進プロジェクト」を立ち上げました。

弊社代表取締役の直轄プロジェクト※として、健康経営の計画策定や各種取り組みを推進しています。

毎月の経営会議にて各種進捗と取り組み成果を報告しています。
また、セコム健康保険組合やセコム労働組合とも定期的に協議を行っています。

※2024年4月より健康経営推進室
メンバーには医療専門職、異なる事業所のスタッフを含む

女性活躍推進の取り組み

女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(以下、女性活躍推進法)が2016年4月1日より施行されました。
当社では女性活躍推進法に基づき、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うことを目的とした行動計画を次のとおり策定しています。

詳細は添付PDF「セコム医療システム株式会社 行動計画」をご覧ください。

セコムOWEL
Hospi-net
セコム健康くらぶ
セコムSMASH
あんしん介護のススメ
セコムVitalook
訪問看護師採用特設サイト
薬剤師求人サイト
健康経営優良法人2024ホワイト500
HDプロテクト(抗がん剤分解溶液)
セコムOWEL
Hospi-net
セコム健康くらぶ
セコムSMASH
あんしん介護のススメ
セコムVitalook
訪問看護師採用特設サイト
薬剤師求人サイト
健康経営優良法人2024ホワイト500
HDプロテクト(抗がん剤分解溶液)